アーモンド – 大きなメリットのある小さなナッツ

アーモンド – 大きなメリットのある小さなナッツ
写真: Photomailbox | Dreamstime
Victoria Mamaeva
Pharmaceutical Specialist

アーモンドは、体が機能するための強力な健康エネルギーを提供すると同時に、貴重な栄養素で体を豊かにします。

さらに、アーモンドには、つわりに苦しむすべての妊婦に喜ばれる治癒特性があります。ただし、アーモンドは半分脂肪であり、健康的ですが、不飽和ですがカロリーが高いため、無理をする必要はありません.

世界中で約 200 万トンのアーモンドが生産されています。最大の生産国は米国ですが、アーモンドはスペイン、イラン、イタリア、モロッコ、シリア、アフガニスタン、トルコ、チュニジアからも生産されています。製品の大部分はスイート アーモンドに関連しており、食品だけでなく、化粧品や製薬業界でも使用されています。

ビターアーモンドは、酸ダシアンの含有量に応じて保存されます。ビター アーモンドはアーモンド オイルの製造に使用され、石鹸、アロマ エッセンス、リキュールの製造に使用されます。

アーモンド組成

スイートアーモンドは、その貴重な特性により、毎日の食事の一部にする必要があります.他のすべてのナッツと比較して、アーモンドは最も栄養価の高いものの 1 つと考えられています。

Almond
写真: Chris Boswell | Dreamstime

アーモンドには有害なトランス脂肪は含まれていませんが、次のような栄養素が豊富に含まれています。

  • タンパク質
  • 不飽和脂肪酸
  • ミネラル (アーモンド 100 g には、カリウム 778 mg、カルシウム 239 mg、リン 454 mg、マグネシウム 269 mg、鉄 3 mg、ナトリウム 14 mg が含まれています)
  • ビタミン (ビタミン E、ビタミン B1、リボフラビン – ビタミン B2、ナイアシン – ビタミン B3)
  • 食物繊維
  • 炭水化物
  • ポリフェノール
  • フラボノイド
  • ステロール
  • 抗酸化物質

アーモンドの利点は何ですか

アーモンドに含まれるすべての貴重な成分は脳に大きな影響を与え、十分な燃料を提供し、牛乳の2倍のカルシウムを持っているため、骨の世話もします.さらに、血糖値を調節します。

キウイは貴重なジューシーな緑色の果物です
キウイは貴重なジューシーな緑色の果物です

アーモンドは心臓に良い.抗酸化物質、一価不飽和脂肪、マグネシウム、銅が含まれており、静脈と循環系全体を強化し、血圧を下げます。悪玉コレステロール。

アーモンドはまた、肌に有益な効果をもたらし、コラーゲンの生成をサポートし、肌の老化やしわの形成を引き起こす有害なフリーラジカルの発生を防ぎます.また、肌の弾力性とハリを改善し、ストレッチマークのリスクを軽減します。そのため、妊婦にとって毎日の成分である必要があります.

腸内の細菌叢を適切に回復させ、胃酸を中和するアルカリ反応もあるため、消化器疾患になりやすい人におすすめです。アーモンドの皮には、腸内の善玉菌の繁殖に関与する物質が豊富に含まれています。だからこそ、人々が持続的な胃の痛み、消化不良、または口臭に苦しんでいるときに頼る価値があります.

カロリー量

非常に多くの利点があるにもかかわらず、アーモンドのカロリー数を覚えておく必要があります.

Almond
写真: Chris Boswell | Dreamstime

残念ながら、アーモンドはカロリーが非常に高く、100g のアーモンドを食べると約 580 kcal になります。

1日に何個のアーモンドを食べることができますか. 1日たった4個のアーモンドが体に貴重な栄養素を提供すると言う人もいます.ただし、1 日あたりの摂取量が 30 グラムを超えてはならないことに注意してください。

減量のためのアーモンド

アーモンドはカロリーが高いですが、体に必要な健康的な脂肪を提供するため、減量のための食事を編集するときは、アーモンドをあきらめるべきではありません。

炭水化物は私たちの食事の重要な要素です
炭水化物は私たちの食事の重要な要素です

アーモンドのおかげで、血糖値の変動を防ぎ、代謝を改善する食物繊維の供給源であるため、突然の空腹感が発生しません。

アーモンドと糖尿病

科学者たちは、糖尿病に対するアーモンドの効果を常に研究しています。米国のロマリンダ大学の最近の研究によると、アーモンドを定期的に摂取すると、インスリン抵抗性が低下し、前糖尿病患者のいわゆる悪玉コレステロール値が低下することが示されています。

前糖尿病と診断された 65 人の患者のグループが検査されました。一部の患者にはバランスの取れた食事が与えられましたが、ナッツやアーモンドは含まれていませんでした.別のグループでは、食事のカロリーの20%がアーモンドに由来していました. 4か月後、アーモンドを食べたグループは、いわゆる悪玉コレステロールが大幅に減少し、インスリン抵抗性が低下しました.

妊娠中のアーモンド

アーモンドは、胸やけを緩和する古くから実証された方法です。そのため、妊婦はアーモンドを熱狂的に消費します。胸焼けは、女性の体が消化管の平滑筋の弛緩を引き起こすプロゲステロンとエストロゲンを大量に生成する妊娠の第2および第3学期に特に厄介です。

Almond
写真: Dlecic | Dreamstime

さらに、子宮が大きくなると胃が圧迫され、胃酸が食道に押し戻されます。アーモンドはこの酸を中和することができます。

アーモンドはまた、妊娠初期の一部の妊婦を悩ませるつわりを緩和する良い方法でもあります。その利点は、空腹時に食べられることです。ベッドから出る前に吐き気を取り除きます。 .

ココア – 健康的でおいしい自然の奇跡
ココア – 健康的でおいしい自然の奇跡

アーモンドは、その栄養特性のためにも、妊娠中の母親のメニューに含める必要があります.妊婦がアーモンドを必要とする理由は次のとおりです。

  • 胎児の骨と歯の発達に寄与し、子癇前症のリスクを軽減します
  • それに含まれるリボフラビンは、子供の脳、筋肉、骨の発達に良い影響を与えます
  • アーモンド鉄は体内で酸素を生成し、貧血を予防するために必要です
  • 食物繊維が便秘を防ぎます
  • 葉酸は胎児の奇形を予防します
  • 中枢神経系の発達を助けるマグネシウム

授乳中の母親も食事にアーモンドを含めることができますが、赤ちゃんの反応を観察し、赤ちゃんにアレルギーを引き起こすかどうかを確認する必要があります.

発疹や呼吸の問題が発生した場合は、必ず医師の診察を受け、食事からアーモンドを排除する必要があります.

1
コンテンツ 共有