ヒアルロン酸は細胞外マトリックスの主成分

ヒアルロン酸は細胞外マトリックスの主成分
写真: Anakimfor | Dreamstime
Victoria Mamaeva
Pharmaceutical Specialist

ヒアルロン酸は、私たちの体、特に皮膚や軟骨組織にとって重要な物質です。 この化合物の欠如は、皮膚科学的プロファイルだけでなく、さまざまな健康問題につながります.

多くの場合、ヒアルロンは皮膚の若々しさを維持するのに役立つため、化粧品の文脈で言及されています. しかし、この事実は、関節、それらの靭帯装置、視覚器官にとっての物質の重要性を否定するものではありません. この化合物には保護効果もあり、損傷後の真皮の回復を確実にします。

関数

酸とは、体内で独自に合成される物質を指します。 化合物自体は、人体の組織、結合組織、上皮、およびその他の構造の細胞外構造の不可欠な成分です。 酸とは、プロテオグリカンの構成要素であるグリコサミノグリカンを指します。

グリコサミノグリカンは炭水化物化合物です。 ヒアルロン酸とこのグループの他の物質の式により、プロテオグリカンのタンパク質部分に結合することができます. 自然界では自由な形でそれらを見つけることは不可能であり、人工的に合成された純粋な形です.

メリット

  • 細胞の代謝に積極的に関与する
  • この化合物の分子を構成する繰り返しポリマー間の二糖結合により、構造自体は非常に安定しています。
  • ヒアルロンは、真皮に大量の水分を保持して移動させることができます。
  • 免疫系に関与しています。
アミノ酸:人体における役割
アミノ酸:人体における役割

ヒアルロン酸はアレルギー活性が最小限で、すべての肌タイプに適しています。 その最大量は、新生児の真皮に見られます。

ヒアルロン酸の使用

ヒアルロン酸は、医学とそのサブセクションである美容学で広く使用されています。 活用分野も徐々に広がっています。 これは、この化合物の有益な特性に関する発見が増えているためです。

美容

ヒアルロン酸は、さまざまな処置のために化粧品で長い間使用されてきました。 物質自体は、皮膚の水分バランスの調節を確実にし、コラーゲンとエラスタン繊維の生成に関与しています.

写真: Microgen | Dreamstime

時間が経つにつれて、これらのプロセスは遅くなり、それらを修正して顔の状態(トーン、弾力性)を改善するために、肌の水分を保持するのに役立つさまざまな手順が使用されます。

手順のリスト:

  • 美容術では、シワはヒアルロン酸を含む真皮フィラーで埋められます (コントゥアリング)。 物質自体はより高密度であるため、手順の有効性が達成されます。 その結果、ヒアルロン酸は顔に多くのプラスの特性を持っています。トーンを改善し、より均一にし、しわも滑らかにし、肌自体が新鮮に見えます. 同時に、筋肉が影響を受けないため、顔の表情が損なわれることはありません。 この処置の効果は最大 1 年間持続します。
  • 美容師は、ヒアルロン酸によるバイオリバイタリゼーションを使用します。 この手順は、この薬を介して顔のモデリングを提供し、肌の色、色調を改善し、しわ、しみの数と重症度を軽減します。 医師は物質を投与する方法として、ヒアルロン酸の注射とレーザー照射の 2 つの方法を使用します。 最初の方法はより一般的で、薬を皮膚の奥深くまで届けることができます。 物質を含むゲルは、外側カバーの最大の老化の領域に特別な針で注入され(事前に洗浄され、防腐剤で処理されます)、ヒアルロン酸の注入部位に小さな丘疹が形成されます。 その後、クリームを塗って真皮の炎症を抑えます。 レーザー生体活性化は、適切な放射線を使用して実行されます。 患者はヒアルロン酸を含む高密度のゲルを注射されます。 施術の効果は注射と同じですが、物質自体は以前の方法よりも深く浸透しません。 レーザー生体活性化は非侵襲的であり、炎症反応やその他の合併症のリスクを最小限に抑えます。 バイオリバイタライゼーションの手順は、真皮へのヒアルロンの送達を提供するだけでなく、独自のコラーゲンとエラスタンの生成も活性化します.
  • ヒアルロン酸による唇の増強は広く行われています。 さらに、薬は輪郭をはっきりさせ、色をリフレッシュします。 手順はほとんど時間がかからず、最小限の合併症があり、準備や特別な注意は必要ありません。 酸は時間の経過とともに溶解し、唇は元の外観を取り戻し、皮膚に傷や欠陥はありません.
  • ヒアルロンは乾いた髪に使用され、髪を滑らかで弾力のあるものにし、水分と栄養素で飽和させます. 髪の状態を改善するために、この物質と一緒にシャンプーやローションを使用できます。錠剤、粉末、またはカプセルの形で経口摂取することもできます。 ヒアルロン酸を含むクリームが利用可能で、肌を水分で飽和させ、小じわを取り除き、顔のトーンを均一にすることで顔をより輝かしく健康的にします. これらの薬剤は注射に代わるものですが、効果は浅いです。 また、ヒアルロン酸入りのフェイス クリームや美容液は、美容ケアの効果を維持し、高めるのに役立ちます。

多くの企業が同様の製品を製造しているため、適切なオプションを見つけることは難しくありません。

ヒアルロンは医学で広く使用されています。 酸ドロップは、白内障の治療の補助として使用されます。 薬は水分と栄養素を保持するのに役立ち、それによって水晶体混濁の進行を防ぎます。 また、視覚器官の新陳代謝を改善します。 ヒアルロン酸は、視覚器官の手術の媒体として使用されます。 これにより、介入の実施に最適な条件が提供され、合併症を回避するのに役立ちます。

写真: Veronika Viskova | Dreamstime

関節へのヒアルロン酸の使用に成功。 関節学およびリウマチ学では、この酸の塩であるヒアルロン酸ナトリウムの注射が使用されます。 これらの薬の別名は液状関節です。 それらは、私たちの体の動く関節の病状(変形性関節症、自己免疫疾患、滑液包炎、滑膜炎、さまざまな怪我)とうまく戦うのに役立ちます。

コエンザイム Q10 – 細胞エネルギーの活性化剤
コエンザイム Q10 – 細胞エネルギーの活性化剤

これらの資金の欠点の中には、治療費が高いことがあります。 利点 – 臨床症状の迅速な排除、他のグループの薬物の投与量を減らす能力、合併症のリスクを最小限に抑えます。 注射は、超音波装置の制御下で訓練を受けた医師によって医療機関で行われます。

その他

医学(美容を含む) – ヒアルロン酸の主な応用分野。 さらに、生物学的に活性な栄養補助食品としても使用できます。 これは、医師に相談し、医師の管理下でのみ行われます。 ヒアルロン酸は化粧品の重要な成分です – ケアと装飾。 このコンポーネントを追加すると、製品の特性と品質、およびその有効性が向上します。

発行フォーム

放出のさまざまな形態で物質を見つけることができます-ヒアルロン酸は固体の形(錠剤など)、クリーム、血清、ゲル、軟膏、関節内注射、点眼薬があります。 美容処置用のフォーム(ジェル、液体製剤)は個別に作成されます。 シャンプー、ジェル、美容液、ヘアバームを見つけることができます。

ミセラーウォーターは完璧な洗顔料です
ミセラーウォーターは完璧な洗顔料です

製薬会社もカプセルでヒアルロン酸を製造しています。これにより、各消費者が物質を摂取するのに最も便利な形を選択できます。 装飾用およびケア用化粧品(顔および唇用のさまざまな製品)の組成への酸の添加は、その特性を改善し、製品の皮膚へのより良い適用を提供し、効果の持続時間をますます広げています。利用も増える。

メーカー

多くの企業がヒアルロン酸を生産しています。 化粧品会社には、Libriderm (ロシア)、Vichy (フランス)、Tete (スイス)、Matis (フランス)、Perricon (米国)、Pharmatheiss (ドイツ) などがあります。

写真: Elina Kovtunova | Dreamstime

剤形に関しては、Rottafarm(アイルランド)、Evalar(ロシア)、Fidia(イタリア)、Sotex(スイス)、Gialtec(英国)など、多数のメーカーがあります。 錠剤やカプセルでは、この物質は Solgar (USA) によって製造されています。

ヒアルロン酸のレビュー

ヒアルロン酸を含むフェイスクリームの使用に関するレビューは、ほとんど肯定的です。 ユーザーは、塗布後すぐに効果を実感し、肌が潤って輝きを増し、色が改善され、しわが減少します。 クリームは専門家に相談した後に選択する必要があることが強調されています。 使用の禁忌 物質はそれにアレルギーがある場合には使用されません。

妊娠中および授乳中の皮膚の急性炎症過程(または皮膚病の悪化)、ヘルペスの場合、ヒアルロンの使用は禁止されています。 美容処置の場合、禁忌は自己免疫疾患および腫瘍性疾患です。 ヒアルロン酸は、造血系の病状がある場合に抗凝固剤を服用する場合には処方されません。

1
コンテンツ 共有